contents

無印良品 木製シェルフ2×3を使ってみた体験談


無印良品ネットストアで購入した木製シェルフ2×3は120×40×83cm(幅×奥行き×高さ)のマス状の家具です。

材質的にはタモ材ですがフラッシュ構造の突板材のため、心材に薄くスライスしたタモの板を張って板のようにみせたものです。無垢材と違い安くつくることができ、中がスカスカになっているため持ち運ぶ際に軽いというメリットがあります。

管理人は本機を2009年3月より使い始めています。


置き場所・使い方


木製シェルフ 1マスが36.5×39.5×33.5cm(幅×奥行き×高さ)のため、A4ファイルも軽く納まり、雑貨から書類まで入るサイズに間仕切られていて使い勝手は非常にいいです。

管理人は事務所ではなく家庭で使用しています。キッチンとリビングの境目に置いてあり、リビングからキッチンで動く人の足回りがみえないような配慮からです。マスの中を詰め込まなければ適当にはみえます。

実際このような家具があることによって埃が舞うことも防ぐことができるため意味のある家具です。


質感・耐久性


木製シェルフのコーナー 耐久性という点で突板材もむらなく貼られていて、小口も同じタモ材が貼られています。現状として剥がれてくる様子もなくとてもきれいです。

突板材とはいえ本物の木のため見た目はタモ材そのままです。メンテナンスは必要ですがポリウレタン樹脂塗装が初めからしてあるため大体の汚れはタオル等で拭けば取れます。ただし、タモ材は目と目の間に溝があるため、間に何か入ってしまうと取れにくい面もあります。

問題があるとすれば使用しているうちに棚ずれてきて隙間が出てきました。しかし、数年前の無印良品の商品に比べて質感がかなり高くなってきているため、気に入られた方は満足する家具だと思います。

強度的にはあまり強くないため、多くのファイルを入れる場合は別のスチール製やステンレス製などを使用することをお薦めします。

木製シェルフ・2×3・タモ材/ナチュラル
高さ83cm程度のシェルフ。マスの中に本や観葉植物、ちょっとした小物などを置くときれいに見える。

スポンサードリンク