contents

swatch 腕時計 Colour Code Collection 2010を使ってみた使用感


管理人は腕時計をほとんど使用しない生活をしていましたが、海外視察のために必要に迫られ「デザインと価格」から急遽購入した腕時計が「スウォッチ(swatch) 腕時計 swatch Colour Code Collection 2010 DESERT DAY GO106 ユニセックス」です。


主な仕様


スウォッチ(swatch)はスイスに本社を置く時計会社です。ウォッチの腕時計はシンプルな形、デザイン、安価の3つのコンセプトでつくられ、年に2回の新作発表と共に1つのモデルは1シーズンのみ販売されるというスタンスで運営されています。
今回の腕時計はColour Code Collection 2010と名前の通り、2010年モデルになります。管理人が購入したのは2011年2月。

swatch 腕時計 Colour Code Collection 2010の仕様

ブランド SWATCH(スウォッチ)
製品型番 G0106
風防素材 アクリル強化ガラス
表示タイプ アナログ表示
バンド留金タイプ 尾錠
バンド素材・タイプ プラスチック
バンド長 ユニセックス
バンド幅 17mm
本体重量 250g
ムーブメント スイス製クオーツ
防水性能 30m
メーカー保証 2年

デザインが好きで使う腕時計


スウォッチ(swatch)の時計で管理人が使ってみたいと思ったのはやっぱりデザインです。全体を通して他にはない余分な物を排除したシンプルなデザインはキレイで、文字盤の針や数字の字体も好きです。

また、安価という点もポイントです。管理人はswatch 腕時計 Colour Code Collection 2010をAmazonで購入し、定価は5,800円も安いですが、さらに安くなっていたため3,900円で購入しました。

デザインと価格のバランスから「コレだ!」と思いました。

使用してみた感想として、問題点をあげると、

1. 文字盤の針が動く音が大きい
2. バンド留金がプラスチックのため折れないか心配
3. 汗をかくとバンドが肌にくっつく

上記の3点が気になりました。

1点目の文字盤の針(秒針)が動く音が大きいです。街中を歩いている時は問題ありませんが、ホテルや自宅などでベット近くに置いておくと、「カチッカチッ」と音がします。気になる方はカバンの中に入れてしまうことで対応できます。

2点目、3点目についてはバンド、留金共にプラスチックですから購入する前からわかっていた事です。また、文字盤のカバーもアクリルのため、固い物に当てるとキズがつきやすいです。
スウォッチ(swatch)の腕時計自体、何十年もはめるというコンセプトではなく、服のファッションと共に変えるものです。好きなときに好きな色や柄の腕時計をはめる考えでスウォッチ(swatch)を選びましょう。

swatch (スウォッチ) ストアをチェックする


Swatch Colour Code Collection 2010
DESERT DAY GO106 ユニセックス


swatch_プラスチッククリアケース表

プラスチッククリアケース(表)に入った腕時計。背面の紙にはグレーの文字で「swatch」が印刷されている。


swatch_プラスチッククリアケース裏

プラスチッククリアケース(裏)。大きな文字で「swatch」。このあたりがswatchらしさを感じる。


swatch_プラスチッククリアケース内部

プラスチッククリアケースにも「swatch」の文字が!腕時計自体はケースの窪みに入っているだけなので、揺らすと時計がカタカタケース内部で当たっています。


swatch_文字盤

本体。文字盤カバーはアクリルでできているため傷つきやすい。大事にしまっておく時計ではなくラフに傷つきながらも使いたい。


swatch_止め金具

腕に留める金具はプラスチック。普通に使う分には問題ないけれど、雑に扱うとちょっと折れそうで心配になるところでもある。


swatch_時計裏

大胆に電池が収まっています。自分でも電池交換ができるところが気軽に扱える証。

swatch (スウォッチ) ストア
amazonではswatch(スウォッチ) ストアを開いています。豊富な種類のswatchを見ることができます。

スポンサードリンク